建設業 CASE#7

建設業 CASE#7
勤怠エラーチェック業務の際、スムーズに効率化を図りたい

業務内容(業務名)

勤怠エラーチェック業務

業務手順(自動化前)

①Accessで勤怠エラーチェック実行
②結果をもとに本人(または本人の上長)にメールや電話で連絡

業務手順(自動化後)

①WinActorを起動し、勤怠エラーチェックを実行する
②エラーがあった社員に対して、修正を行うようにメールで連絡する

利用したシステム、アプリケーション

● Outlook
● Access

作業時間の削減

自動化後の年間作業時間

250時間→
112時間

年間138時間削減

事例一覧に戻る
お問い合わせページへ