運輸業 CASE#13

運輸業 CASE#13
温湿度データ送信業務の際、スムーズに効率化を図りたい

業務内容(業務名)

温湿度データ送信業務

業務手順(自動化前)

①温湿度管理システムを起動し、データDLボタンを押す
②温度、湿度データ表示を押し、各社毎の設定項目を選択する ​※5社分、それぞれ異なる設定​
③日付を設定し、CSVファイルを所定のフォルダに保存する
④作成したCSVファイルを各会社の担当者にメールで送付

業務手順(自動化後)

WinActorを起動し、上記の業務を自動実行

利用したシステム、アプリケーション

● Outlook
● 建設キャリアアップシステム(登録事業者数:55000件)

作業時間の削減

自動化後の年間作業時間

321時間→
131時間

年間190時間削減

事例一覧に戻る
お問い合わせページへ