よくある質問

エラーがあってもフローを継続して実行させる方法はありますか?
エラーハンドリングを取得/ログ出力:直近発生したエラー情報の取得が可能です。
代替え操作:エラーが発生したらこのサブフローを実行する、といった設定が可能です。
作成したフローは他の人に共有することは可能でしょうか?
同じ組織のユーザであれば、PowerAutomateDesktopにフローの共有が簡単に実現できます。
共有先はユーザごとに設定することができます。
共有設定には、共同所有者(編集・実行可能)・と実行者(フローの中身は見れない実行のみ)の権限が選べます。
また、少しやり方がイレギュラーですが、異なる組織のユーザ(または個人のMicrosoftアカウント)にも作成したシナリオを共有することができます。
①PowerAutomateDesktop画面からフロー情報はテキストデータとしてコピー
②共有するユーザにテキストデータを渡す
共有されたユーザはPowerAutomateDesktop画面にテキストデータを貼り付け
上記操作を通じて、作成したPowerAutomateDesktopフローは一度テキストデータに変換され、コピー&ペーストを通じて共有されたユーザの画面に再現できます。
時刻指定して実行することは可能でしょうか?
無償Power Automate Desktop単体では難しいです。
Power Automateでは可能です。Power Automate Desktop有償版にしてPA×PADにすれば、PA側からPADを時刻指定実行することができます。
Outlookにて複数のメールアドレスを設定している場合、特定のアドレスのインボックスを指定することは可能でしょうか?
PowerAutomateDesktopのフロー作成画面>アクション>Outlook よりOutlook操作に関わるアクションを追加することができます。
Outlook操作に関わるアクションではアクセスするアカウントやメールフォルダを設定することで指定のメールボックスに対して操作をすることができます。
※権限委任され表示はされているけどOutlookに設定していないアカウントだと送信ができないことがありますのでご注意ください。
画像識別機能を使うフローを共有するとき、パソコンの解像度違いで実行エラーになる可能性はありますでしょうか?
画像識別機能を使うと、ご認識の通り解像度などの違いで共有時に止まってしまう可能性はあります。ですが、PowerAutomateDesktopでは、画像識別機能はほとんど使わずフローを構築出来ることが多いので、影響の範囲は限定的かと思います。
エクセルの繰り返し処理を行うとき、最後の行が確定しない場合、セルが空白になったらloop終了とするような条件は設定可能でしょうか?
「Excelワークシートから最初の空の列や行を取得」アクションより、Excelの最終行を取得し変数値に格納します。
繰り返し回数を設定するとき、その変数値を増減させて調整します(例:取得した変数を「row」とする場合、繰り返し回数を「%row-1%」で設定します。)
Webレコーダーとデスクトップレコーダー機能で作ったフローを実行するとき、他の作業を行うことはできますか?
ご認識の通りです。レコーダーアクション実行中は、画面認識などにもかかわってくることなので難しいです。
アプリケーションの起動はPower Automate Desktopで行うことができますか?
「アプリケーションの実行」アクションで実現可能です。
Power Automate Desktopに保存できるフロー数について、制限はありますか?
作成するフロー数に制限はありません。
複数ウィンドウが立ち上がっているとき、アクティブウィンドウを設定したうえで、アクティブウィンドウにたいして操作を行うことはできますか?
インスタンスというウインドウの識別情報で識別されます。
インスタンスという識別情報には名前を付けることで選択できるようになるため、どのウインドウにアクションするのかを選択式で設定することが可能です。
データベースに繋がることができますか?
アクションの中に「データベース」というグループがございます。それらのアクションを駆使すればDBへの接続データの抽出も可能かと思います。
会社様ごとに環境ことなるところありますので是非お試しください。
エラーになった場合、自動でログファイルに出力される機能はありますか?
ログファイルに出力する機能は有料アカウントで付属される機能となります。
有料アカウントの無料トライアル90日間も現在Microsoft社で実施しておりますので、お試しくださいませ。